« ハードな一日どした^^; | トップページ | ローズヒップオイル »

冷蔵庫の中身公開!

今日、朝から夕方まで、『溶岩浴ゆらり』店でお仕事をし、PM6:30頃、京都駅本店のサロンに戻って冷蔵庫を開けてみると、水浸し~~~っっっ!に、なってました。

 

冷凍庫の霜がひどくて、冷蔵庫内まで一部凍り付いていたので、凍てつきを溶かそうと温度設定のメモリを、弱より切に近い位置にして出掛けたら、ちゃんと、溶けてくれていました(*^^)v

 

綺麗にすっきりした、冷蔵庫&冷凍室庫内です!Cimg1200

 

   

もともと、マンションに備え付けの冷蔵庫なので、小さいんです。

 

そして、この冷蔵庫のいつもの中身をお披露目します。ジャジャーン♪♪♪

Cimg1208

 

   

   

木箱に入っているのも精油達ですし、水色の布のケースに入っているのも精油達です。

その他、ケースに入りきらない精油や、キャリアオイル類、水達とバラジャムが入っています。

普段、お客様のトリートメント用に主に使用しているホホバオイルは、酸化しにくいオイルだという理由と、大きくて入りきらないという理由と、常に使用するキャリアオイル(ベースのオイル)なので冷やしておくと困るという理由から冷蔵庫には入れていません。

ローズヒップオイルやキャロットオイル、アボガド・マカダミアン・スイートアーモンド等のオイルは冷蔵庫の中に入れています。 

特に、ローズヒップ・キャロットオイルは、保存期限が短いので(半年位)気をつけなくてはなりません。香りが変わったら使用は中止。

アロマ精油は、常に30種類強、新鮮なものを置いています。

中には、ローズオットー・フランキンセンス・パチュリ・サンダルウッドのように封を開けてから年数が経つほど、効果も香りもよくなる精油がありますので、そういったものは、早めに封を開けてあります。

アロマ精油をお持ちの方は、できれば冷蔵庫保存をお勧めします。(但し、香りが冷蔵庫内に充満する恐れがあります^^;)

精油の劣化条件は、①酸素  ②光  ③熱・度・湿度  ④振動  ⑤電磁波 なのです。

柑橘系、レモンやグレープフルーツは酸化しやすいので、なるべく早く使い切ってください。酸化すると、変な香りになるので、分かると思います。

ちなみに、ローズオットーや、ホホバオイルは寒いところに入れておくと固まりますが、常温の場所に、しばらく置いておくと、ちゃんと液体に戻ります。

よく、冬の寒~い日、寒い場所にホホバオイルをベースにしたブレンドオイルを置いておくと、固まっていることがありますが、心配はいりません。少し温かいお部屋に置いておくと元に戻ります。品質も変わりませんので、ご安心ください(^_-)-☆

« ハードな一日どした^^; | トップページ | ローズヒップオイル »

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501782/17333114

この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫の中身公開!:

« ハードな一日どした^^; | トップページ | ローズヒップオイル »