« 京都駅前サロンのご案内! | トップページ | 心静めるには・・・、 »

笑いの神様がいらっしゃるところ?

朝から、滋賀県の厄除で有名な立木山(立木観音)に友人N子と行って来ました~happy01 

 

去年も行ったんだけど、「今年は、いつ行こうか~?」なんて言っているうちにこの時期になってしまったのcoldsweats01 

あんまり暑くなるとしんどいうえに、日焼けもするし、今しかないと、梅雨の晴れ間の今日に決定sun 

JR石山駅から、バスbusに乗り、立木観音で下車sign01 

 

今日は、お天気もいいので、ごったがえしているほどではないけど、そこそこの参拝者がいらっしゃいましたhappy01 

 

まずは、手を清めて、700段程あるといわれている、急な石段に挑戦up 

Cimg6364he      

ここが、スタート地点up とっても急でしょsweat01 

途中、石段の高さや幅はいろいろ変わるんですsign01 

ご存知の通り、登るの大好きな私は、ちょっと駆け足気味に・・・、(えっ!、そんなやつおらんやろとここをよくご存知な方は思われるでしょうけどsweat01) 

いえ、ちょうど、急なせまい階段を登っていると小さなお子様連れのご夫婦がいらっしゃったので、プレッシャーをお掛けしてはいけないと、反対車線やないか、え~と、つまり降りてこられる側を、人が降りて来てぶつからないようにダッシュで駆け足一気登りしたんですrunsweat01 

それからも、休みことなく、ぺちゃくちゃおしゃべりしながら石段を登り、本堂にあっという間に到着heart02 

掛かった時間、僅かに、7~8分watch 

え~っと、私、時計見間違えたのかもcoldsweats01 

そんなに早く登れるものかなぁ~? 

でも、確かに、もう終わりなの?っと感じましたぁbleah 

 

すみません。ここ、そんな簡単なところではないんです。本当はcoldsweats01

このブログ読んで、気軽に行かれたら、嘘つきよばわりされそうですsweat01 

 

私にとってはなのですcoldsweats01 

運動能力・体力によって個人差ありますcoldsweats01 

 

でも、友人N子もこのスピードで充分登れるんですよ。 

われ等、結構やりますscissors 

とはいえ、さすがに、息は切れますし、酸素不足にはなります。ゼェ~ゼェ~dash 

着いたら、ここでもまず手を清めますsweat02shine 

Cimg6373he

そして、しばし休憩。 息を整えます。。。

Cimg6374he  

新緑がとてもあざやかでした~shine 

Cimg6366he  

それから、本殿に向かう前に、お札を購入! 

Cimg6375he  

私は、普通にすぐにお持ち帰りできるお札を千円で購入! 

N子は、お姉さん家の為に、拝んでいただいて送ってもらうほうを、購入! 

ふと、何気に見ていると、5千円札を出してお釣りを2千円もらっているから、「そうなんや~。3千円なのね」っと、心の中で、思ってたのhappy01 

 

そこで、「お参りの方法をご存知でしょうか?」 とお寺の女の子。

私も、お隣で、とても感じの良いお寺のお札販売係りの女の子に一応一通りのお参り方法を聞いたので、友人にも「聞いといたらhappy01」っと促して、説明を受けていたの。 

 

そしたら、「鐘を1撞きしていただいて~」のくだりになった時に、去年のことが思い浮かび・・・。笑いをこらえられずに・・・。 

 

 

「鐘は頭で打ったらあきませんよね?」っと私happy01 

 

 

「?????」お寺の素敵な女の子 

 

「去年ね~彼女、鐘に頭ぶつけやはったんですぅ~。頭で鐘撞く人はなかなかいないですよね~」(爆爆笑)heart02 

 

キャハハハ~heart01 

 

 

少々、笑いの軽い渦が~~~happy01 

 

 

そりゃ、本気で鐘を頭で撞く人はいないけど、 

 

 

N子は頭上注意の木の枠は無事にすり抜けたのに、 

 

そのまま、鐘に「ゴ~~~ンbellthunder 

 

 

「痛っ~~~っ」shock と、なっちゃったんです(笑) 

 

 

「鐘にも頭上注意の張り紙がいるね~。」 

 

いやいや、ほんまにそんな人は他にはいないやろ~(笑) 

って、去年は、笑い転げて涙涙~sweat02heart02だったんです。 

 

そんなコントみたいなこと、そうそうあることやないよね。  

 

お寺の女の子達も喜んでくれたし、これから案内の時に、「鐘はちゃんと手で綱を持ち鐘撞き棒で撞いてください。」と付け加えることができるかも。。。 

 

いやいや、そんな説明不要やし。。。(笑) 

 

さっ、お参りお参りっと思って、ふと、見ると・・・eye 

 

N子が、1万円札出しているの。 

 

「へっ?」eye  

 

 

「あの~sweat01」っと困惑気味なお寺の女の子sweat01 

 

そう、さっき、もう支払ったのに、また、1万円札出して3千円払う気まんまんだったみたいcoldsweats01 

 

大きな笑の渦が~~~typhoonheart04typhoon 

 

 

N子ったら、最高やわ~~heart02heart02heart02 

去年を越えることは出来ないかもしれないけど、まさかまさかの今年も大爆笑を取ってくれたわ~~~~~lovely 

よかったよかったheart01 

すごく喜んでもらえたと思うよscissorsheart04 

羨ましいわ~~~heart01 

その天然ぶり~~~happy01 

 

そして、ようやく本殿にお参り。 

ここが大事です。ちゃんと厄除け祈願しなくっちゃ。 

 

去年も家内安全と書いて納めたので今年も護摩木を手に取り・・・、       

家内安全・無病息災と、名前を書いて・・・、それから数え歳を記入。 

 

書き書き・・・。pencil 

 

は~い、出来上がり~~shine 

 

N子「えっ?」eye sweat01sweat01sweat01 

 

N子「なんで、○○歳なん?」  

    

 

今度はN子から、私へのこないな突っ込みがぁ~~sign03

 

「ありゃ?」 

「きゃ~、歳10歳もサバよんでしもてる~」shocksweat01 

護摩木に書く年齢を誤魔化して10歳も若く書くやつ普通おらんでしょcoldsweats01 

でもでも・・・、いたんです。ここにcoldsweats01     

いや、これも故意ではございません。決して・・・、はい。coldsweats01 

あ~、なんて、笑いすぎてほっぺが痛くなる参拝なんでしょう。まいどまいど。 

 

笑いの神様がここにはいらっしゃるのかしらねぇlovely 

いや、笑いの観音様かしら~happy01 

笑う門には来たるだものねheart01 

こうやって、おもいっきり笑って、厄を落とせるわけよね。 

 

ほんまに、立木山って素晴らしいところですshineshineshine 

 

本殿の参拝の後は、こちらdown 

Cimg6367he  

頭で撞いてはいけない鐘です(笑)up 

 

その後、さらに、こちらdown   

Cimg6368he

奥の院です。 

 

そして、登りはここまで。 

Cimg6365he  

参拝の締めは柚子湯をいただきます。 

これで、説明していただいた、お参りの方法終了です。 

 

途中、少々の脱線はありましたが、今回も昨年に続き、めちゃめちゃ楽しい参拝でしたnote 

これもこれも、N子のおかげhappy01 

ほんま、いつもいつもネタ提供ありがとうheart02 

 

また、来年も笑い転げようねheart04heart04heart04 

 

ふもとに向かうN子です。 

Cimg6376he  

 

この後、ちょうど、下界まで辿り着いた私達がバス停で、時刻表をみた瞬間、バスが到着sign03       

「やだっ、日頃の行いよね~~note 

 

いえ、お参りの成果です。ラッキーいただきましたheart01 

 

観音様お騒がせしました。そして、ありがとうございます。 

 

感謝感謝heart04 

 

 

 

 

« 京都駅前サロンのご案内! | トップページ | 心静めるには・・・、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さすが、あの立木さんを余裕で
登り切っちゃうなんてdash

私も、厄払いに登りましたが
休憩しまくり、弱音はきまくりで
いつになったら着くのぉ~sweat01
って半泣きでしたよsad

最後にいただく柚子茶japanesetea
おいしいですよねぇ~heart01
ついつい何杯もおかわりしてしまいますsmile

あっ、そうなんやcoldsweats01 
やっぱり、休憩取りながら、登る人多いのかな~coldsweats01
私は、80歳になっても、一気登りできる体力持っていたいわhappy01
柚子茶なんやけど、ポットにもう僅かしか残ってなくて、2人でせこせこ分け合い、飲んだのcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都駅前サロンのご案内! | トップページ | 心静めるには・・・、 »