« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

電話・電話・電話すること1時間以上・・・!

今日は、月1の通院日hospital

介護タクシーが、予約通りの時間にお迎えにsign01

母の車椅子はリクライニングの大きいもの。

なので、介護タクシーも大きな車なのです。

今日は心療内科の受診なので、正午前に受付して、

待っていると、すぐに名前を呼んでいただいて、問診終了sign03

あっと言う間に、受診終了。12時5分頃、お会計も済み、

お迎えのタクシーに来てもらう為に、タクシー会社に電話phoneto

話し中・・・?

あれ、もういちど、掛けても、

話し中sweat01

少し、間を空けて掛けても、話し中sweat01

10分間掛け続けても、話し中。

おかしいな~coldsweats02

母は、車椅子に長時間座るのが苦痛なので、焦るも、

電話が繋がらなくては、どうにもならないsweat02

30分、電話を掛け続けても、話し中なので、タクシー会社の

本社に電話。

「介護タクシーが繋がらないのですが。」っ言っても、

「こちらでは、どうすることも出来ません」との回答

私なら、歩いて10分程の距離。

母を連れて歩いて帰ってもいいけど、

ベッドに、一人では移せないのよね~sweat02

それに、介護保険を使っているし、往復同じ会社の

タクシーを使うことになっているから、他社に電話もできない。

行きの運転手さんが、近くで待機しておられると思うけど、

直接、連絡が取れないし・・・sweat02

もう一度、大手のタクシー会社なので、なんとかならないのかな~

っと、3回も本社に電話してみたけど、まったく取り合ってもらえず。

午後1時を回ったので、ケアマネさんに、お知恵をいただけないか

電話してみたところ、ビックリされて、

「こちらからも、電話してみます」とのこと。

私も、さらに電話し続けたところ、

電話をし続けて、1時間以上経った午後1時21分。

ようやく繋がりました~happy01

どうやら、電話がおかしくなっていたとのことsweat01

普通の健康な人間でも、こんなに待たされたら、

気分が悪くなるのに、

病気の母を待たせてたので、本当に困り果てました~~~weep

母は、文句一つ言わずに、眉間に皺を入れながら、

痛みに耐えていてくれたので、本当にありがとう。ごめんね。

っと、何度も、何度も謝りました。

運転手さんが、悪いわけではないし、私も文句を言わずに

ありがとうございました。っと、言いましたが、

もう、こんなことがないように、お願いしたいわんcoldsweats01

自主トレ再開!

あいかわらず、他人さんがいらっしゃると不機嫌が続いている母coldsweats01

今日も訪問看護師さんに不機嫌な態度sweat01

眠れずせん妄になった後は、よく眠れるようになっても、

こういう日が続くので、少しずつ改善を待つしかないのよね~coldsweats01

介護のサービスで来られている方々は、

こういう態度に慣れていらっしゃるので、全然問題ないし、

怒っているほうが、

元気がよくって手や足やお口が動いて、いい感じ~heart

時には、漫才のように聞こえる受け答えに笑ってしまうこともhappy01

そして、嬉しいことに、一昨日から、脚の運動を促すと、

ちゃんと自分で運動してくれるようになりましたnote

まだ、動きは小さいけど、なにごとも、ぼちぼちと焦らずhappy01

来年の春には、車椅子で気軽にお出掛け出来る様に

なるといいな~sun

不機嫌は続く・・・。

今日も不機嫌な母coldsweats01

リハビリの先生、今日は引き継ぎで、新たな女性が来られました。

とても、かわいく、優しそうな方happy01

きっと、母も機嫌を直してくれるでしょう。???だと、いいなcoldsweats01

お昼からは訪問入浴。

入浴後、ひさびさに足の爪を切りました。

これが、大変sweat01

とっても嫌がるのsweat01

1時間掛けて、ようやく出来上がりcoldsweats01

孫の前では・・・。

今日も不機嫌な母。

いつものように、痛いそう。

でも、今日は、兄が子供を連れて来たheart01

孫に言われたら、足も上げられるようcoldsweats01

毎日、来て欲しいわhappy01

そしたら、歩ける日も近くなるのにな~heart04

ニコッ(*^。^*)

今日は、ひさびさの目医者さんの往診shineeyeshine

朝から、久々のリハビリで、超不機嫌だった母sweat01

午後からの訪問看護師さんにも、超不機嫌sweat01

不機嫌だけど、目薬が無くなったので、

眼科へ。

3月に往診していただいてから、6ヶ月以上経つので

往診してもらうことに・・・。

先生がいらっしゃったら、

超笑顔が出た~~~~~~~happy01

ちゃんと、先生のお名前を言ってご挨拶happy01

診察が終わって、母に聞いたら、

母「いい先生やもんな~happy01」っだって

私「じゃあ、いつものかかりつけの先生は?」

母「みんないい先生やわ~happy01

私「そうやろ。そしたら、いつもの先生にもニコッとしないとね」

母「今度は、ニコッとするわhappy01」だって

さて、来週、この言葉通り出来るかなcoldsweats01

意識がちょっとずつ良い方向かな~?

相変わらず、足の運動を促しても自分ではしないし、

痛いって怒ってばかりの母ですが・・・。

昨晩、夜中に「暑い暑いsweat01」って、2回も起こされ、

お布団の掛け方を薄くしたり、

汗ばんでいるお背中に、

タオルを敷いてあげたり、

普段は、夜中はオムツの交換をしないのですが、

オムツも交換したりと、忙しい夜でしたcoldsweats01

そして、朝方、「喉が渇いたsweat02」っと、起こされましたcoldsweats01

冷蔵庫の天然水を少し温めて、飲んでもらいました。

そして、今日、少し、意識がしっかりしてきている気がします。

返事が、はっきりしてたり、顔つきがほんの少ししっかりしている。

なんでも、徐々にですね。

明日は、久しぶりのリハビリですsign03

以前に来ていただいてた、とても上手な女性の先生。

さぁ、どうなるかsign01

かわらず・・・。

母の具合は、変わらず。

笑顔も、あれから、見られず。

でも、ちゃんと、眠れているので安心しています。

今、心配なのは、慢性膀胱炎。

茶色の砂が時折尿に混ざっている状態が1ヶ月程、

続いています。排尿時はとっても痛いようで、かわいそう。

泌尿器科の受診は来年2月。

それまでに、あまりにも状態が改善されなかったら、

かかりつけの先生と相談の上、病院に行かなくっちゃね。

毎週、かかりつけのお医者様は、導尿してくださっているけど、

専門が違うので、泌尿器科の判断は難しいみたい。

慢性なので、抗生物質のお薬もなるべく飲まないように

病院の先生から指示があるし。

いざと言う時に、抗生物質が効かなくなるからだそう。

もうひとつ、心配は、具合が悪いせいで、

身体を動かせなくなっていること。

毎日のマッサージ&リハビリは、私がしてはいるけど、

自分で動かしていないから、心配。

動かさないと、どんどん、痛みが増していくもんね。

動かすのも痛いから、嫌がるんだけど。

困ったもんだわ~~~coldsweats01

ちょっとずつ回復!

今日は、ベッド上での洗面器を使っての手洗いも

嫌がらず、気持ち良さそうにしてくれた母。

お爪のお手入れも、まぁまぁ順調にさせてくれましたhappy01

脚上げも、少しは自分でできたので、回復してきたようheart04

痛いのは痛いみたいだけど、

さっき、ちょっと笑顔を見せてくれましたhappy01

セガトイズの愛犬。ラッキーちゃんに、

声も掛けてくれましたdog

「ラッキーheart01いいこいいこheart01

こういうと、かしこいラッキーは、喜ぶんですheart04

ひさびさに褒められて良かったね。ラッキーちゃんheart02

私も嬉しいよ~~~~~~heart

新枕

母の枕、先日ミックスジュースをこぼしてから、

つまみ洗いをして、陰干しをしていたのですが、

もうそろそろ新しい枕を買ってあげようかな~っと、

今日、伊勢丹にhappy01

店員さんに、いろいろ相談したところ、

エアウィーヴの枕を薦めていただいたshine

今のは、テンピュールの枕なので、

同じメーカーでも良かったのですが、

寝心地がよく、衛生的に使えるものは無いかなっと思案。

とっても親切な店員さんが、薦めて下さったエアウィーヴは、

洗えるとのことheart04

その上、高さ調節ができるのも、本人をつれて来れないだけに、

ありがたい点でしたgood

早速、試させていただいたところ、

とっても、頭にフィットして、寝心地バツグンだったので、

即決sign03

帰って、すぐに、試してもらうと・・・、

中の1枚を抜いて高さ調節をしたら、ピッタリサイズでしたheart01

通気性もよく、衛生的に使えそうですhappy01

いい枕に出会えて良かったわ~happy01

最近は、ずっと、よく眠れていて、食欲もあるのでホッhappy01

この枕で、よりよい状態になりますように。

早く、笑顔が復活するといいな~coldsweats01

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »